上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
現在、父の食事は、おかゆとゼリー状に固めたお茶、
おかずはなんでもOKだけどペースト状につぶします。
おやつは栄養ドリンクのエンシュアリキッドを
やっぱりゼリーに固めます。
要するに固形物、水分が誤嚥しやすいのです。
飲み物にとろみをつけて大丈夫なときもあるけど
今はちょっと無理かな?
ということで、今もお茶とエンシュアをゼリーに
作ったところです。
日課だけど、けっこう面倒です(笑)

085.jpg

スポンサーサイト
2013.01.27 Sun l 手のかかる父&母 l コメント (2) トラックバック (0) l top
その後の父ですが・・・、
先週ステイからもどり今は自宅で過ごしています。
約1週間たちました。それはそれは大変です。
次のステイは来週の水曜日からなので、あと1週間あります。
長いですよ(;^_^A
特に今は私が何もできないので、まわりには本当に
迷惑をかけています。

このところ、父はとても元気で体力をもてあましています?
常に大声で叫んでいるし(元気のバロメーター?)、
スキをみては二階にあがってきます。
上がれないように柵はしてあるけど、部屋の鍵といい、
柵の鍵といい、母がかけ忘れるので
父にとっては好き放題(笑)
少し目をはなすと何もないところで
転んでいたりするのに、自由に動きまわるということは
キケンと隣り合わせ?
ホントにねぇ、母を閉じ込めておきたいわ ((((爆))))

NEC_0150.jpg

写真のモニターは私のデスクから父の部屋を見るためのもの。
いつもPCに向かっているので、横に置いておくと自然に
視野に入ります(笑)
ふとみたら「あーー、お父さんがいない!きゃぁぁぁ!」と
大騒ぎの繰り返し ┐(´-`)┌
でも便利ですよ^^  声もきこえるしね。
そういえば私の部屋からは母の部屋にもモニターが・・・。
動かなくても、ここで監視できるというわけですv(^o^)

父のステイまであと少し・・・、なんとか無事に
過ごせますように^^


2013.01.24 Thu l 手のかかる父&母 l コメント (2) トラックバック (0) l top
父ですが2日前からショートステイに行ってます。
もともと男性枠が少なく施設全体でもたった4人(;^_^A
なので、通常1週間程度かなぁ。。
それではあまりにしんどいので、最近は個室も利用して
1ケ月のうち半分以上? 行ってることになるのかな?
でも、ほとんど毎日行ってるけどね(笑)
それにしても勝手なもので、父の留守中、らくをすると
帰ってきたときのしんどさも倍増(笑)
ホントに勝手なものだね。。。

この数カ月のしんどさの原因は例のごとく「母」にある。
喘息による?酸素量の問題だとか?
酸素が脳の隅々まで行きわたらないそうで
だから記憶がとぎれると・・・?
いやぁ、これはあきらかに認知だと思うけどな

今回、父が家にいる間のこと
父の状態はしっかり歩けないけど歩ける
ちゃんと立てるようなふらつくような?
なんとも中途半端で、見守りが必要。
目を離すと転んでいる(;^_^A
先月、圧迫骨折が3ケ所もあったこともわかったし
これ以上転ばれるのは致命的。。。
食事は全介助で内容はペースト状のものだけ。
お茶はゼリーにかためて食べさせ水分補給状態。
こんな状態なので寝たときにベッド柵をして
買い物に出かけていたわけで・・・
ここからが問題!

1時間ほどの買い物から帰ってくると
ベッド柵がはずしてあり、(自分でははずせない)
布団ごとずりおちて転がっていることたびたび(笑)
犯人はわかっているぞ
そのときは母は・・・というと
キッチンで父のお菓子をさがしていたり
テレビをみていたり・・・。
そういえば堅いおかきを出していることもあったし
コーヒーを飲ませていることも(;^_^A
ひゃぁぁぁぁ! 何するねん!

理解できてない。。。
やっぱりおかしいでしょうに! くるみちゃん(笑)

結局、父と二人のほうがずっとらく!
妹に母を引き取ってと言ったら即答で「NO!」
そりゃそうだわなぁ・・……(-。-) ボソッ


2012.07.07 Sat l 手のかかる父&母 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今月7日に退院してきました。
そして翌日8日からショートステイにいきました。
今回のステイはどうしても行ってもらわないと
家では世話ができないと思ったからです。

本当なら家でゆっくりと過ごさせてあげたかったけど
私がベッタリ付き添っているわけにもいかず、
かといって、母にまかせられないので父にとっても
施設のほうがしっかり療養できるというわけです。

そのため退院日が決まるまで、ケアマネさんや
施設側にもずいぶん迷惑をかけました。
空き部屋が少ない中、退院できるかわからない父のために
待って下さいました。感謝しています。

そして、いよいよあさって22日、ステイから自宅にもどってきます。
今は毎日、昼ごはん時に行って食べさせています。
無理をお願いしてるのだから、せめて父の介助くらいはしないとね。

食事内容はすべてペースト状、またはゼリーです。
入院前は自分でスプーンをもって食べていたのに、
今はボーッとしてまったく自分で食べる気配なしです(;^_^A
すぐにむせるし、食べさせるのも難しいです。
また病院へ逆戻りだけは避けたいし・・・、
ちょうど1時間ほどかかります。大変です。
母には無理です ← キッパリ!

今日も行ったときに廊下を2往復してきました。
手をつなぐだけで大丈夫なので、なんとか歩けます。
うーん・・・、でも憂鬱だぁ

2012.05.20 Sun l 手のかかる父&母 l コメント (5) トラックバック (0) l top
5月16日の朝、柵をのりこえて
ベッドから落ちていた。
(これくらいでは驚かないよん^^)
これまでにも落ちることは、何度もあったし
その都度、いろんな対処をしてきてるからね。
今も進行形だけど・・・

ところが今回は右足だけがベッド柵に
ひっかかって、鉄棒でいうなら
足かけまわり? あの状態だったので
太ももからふくらはぎなどの裏側の
筋肉が伸びてしまった。
そのため以前のようには歩けないし
その直後のころは、体重が支えられず
右足からくずれるように転んでた(;^_^A

現在は・・・、7~8歩ほど歩くと
右足首から下が裏返るような感じで
その時点で歩行は無理
ただ、そんなときは、その場所で
10秒ほどじっと支えて立たせていると
また踏みだせる

でも認知症だから、
自分が歩けないことは忘れて、
少し目をはなすと歩いては転ぶこと再三
以前よりも転ぶ回数が増えているのは事実かな
ホントに認知症はやっかいなものですね。

もうこんなとこかな? と思う
少しのリハビリでは以前の状態には
もどらないように思う
でも訪問看護さんは、毎回温パックで
温めてマッサージをしたり、部屋と廊下を
何往復も歩行練習をしてくださってます
「がんばりましょう」と私にも声をかけて
くださいます
そうだね、あきらめるのはいつでもできる
がんばらないと! 家族があきらめたら
父は二度と歩けなくなってしまうんだからね

お父さん、いっしょにがんばるんやで!

2011.07.07 Thu l 手のかかる父&母 l コメント (3) トラックバック (0) l top
2日ほど前のこと
叔母から電話がありました
イカバーグを作ったから取りに来てと

何かの料理番組を見たそうで
簡単だったので作ってみたとのこと
見ためは一応ハンバーグ風?
味は塩味? イカをみじん切りにして
まるめて焼いた風??
とにかくかたい! なんで?
それにイカしか入ってない?

翌日、美味しいとも言えず
(また作られたら困るからね)
初めて食べたわ・・・と(笑)
作り方をきいたら、食べた感想そのまま
プププッ (*^m^)o==3
つなぎはかたくり粉
味はイカから出た塩味だそう(;^_^A

本日3日目、まだお腹のじんましんは
治りません ((((爆))))
強い母はもちろんヘッチャラ!
うっうっう(泣)

今度は「イカギョーザを作るしな」と
もう、勘弁してーー!



2011.06.18 Sat l 手のかかる父&母 l コメント (3) トラックバック (0) l top
今日、私が買い物に行っている間に
父が椅子に座りそこねてズルッと落ちて
転んだらしい? よくあることなんだけどね

で、たまたまガレージの鉄柱を塗りにきていた
オジサンに頼んで起こしてもらったらしい
まあ、そこまではヨシとしよう
そのときの言い訳が・・・

「主人はちょっと無口なんです」だと!

意味がわかんない(;^_^A
ガレージと父の部屋はガラス戸1枚なんだから
父が叫んでいるのも、そのオジサンには聞こえてるはず
無口な人が「うわぁぁぁ」って叫ぶか?
それにどんなに無口でも「こんにちは」とか
「ありがとう」は言うでしょうに。。。
まあ、起こすときにきっと「痛いな!」「バカモン!」と
怒鳴っただろうから、わかってもらえたと思うけど
ホントにだれが認知なんだか(笑)
お世話になりました m(-_-)m
2010.12.27 Mon l 手のかかる父&母 l コメント (3) トラックバック (0) l top
愚痴です、完全に愚痴です(笑)
最近の母、キョーレツです。。。
手に負えません。。。
思い込みっていうのかなぁ
人の話をちゃんと聞いてないというか

夕食のときに、たまたまヨドバシの話をした
「またそのうち連れてってあげるな」と、
翌日、9時すぎにコートを着て
「行こうか♪」
・・・・・・・・・・┐(´-`)┌
行きましたとも!

「いつでもええしハナに連れてんか、
お父さんのバスタオル買いたいし・・・」
やっぱり翌日、9時すぎ・・・C=(´。`)ふぅ
行きましたとも!

これが先週の話、1週間に2度はちょっと
きつい! この忙しいときに!
待ったなしってこれを言うんだね
2010.12.20 Mon l 手のかかる父&母 l コメント (3) トラックバック (0) l top
父の認知もずいぶん進みました
・・・と思います
どこまで進めばどのような状態になるのか?
まったく想像もつきません(;^_^A
でも今年はかなりのものです
だからといって、どうのこうのってことでは
ないんだけどね
やっぱり最初からずっとみてきていると
それなりに慣れてくるから・・・
いえ、マヒしてるのかも(笑)
だから、まわりが思うほど苦になって
いないように感じています

ただ、困ることは多々あるけどね(笑)
たとえば・・・、昨日、今日と
朝5時に父の声で起こされます(;^_^A
「うわぁぁぁぁ!」の連続!
普段は7時半ごろまで寝ているので(私がね)
まだ夢の中? もう心臓が止まるかと思ったわ(泣)
昼間は当たり前のように叫んでるけど
ふいをつかれるとマジでビックリ!
これは気をつけないと朝晩逆転になるからね
同じく私まで逆転になるんだから!

朝、早く起きると昼に眠くて寝てしまう
その結果、夜が眠れなくなってしまう
だんだん時間がずれて完全に逆転
普通の人と違うのは、どんなに寝ていなくても
しんどいってことがわからないこと
だからこの状態が続くと食事量も減ってくるし
極端に弱ってしまう
いつか爆睡する日はあるんだけどね
何をしてもぜったいに起きない日 ((((爆))))
このコントロールが一番難しいかな
ホントに生きてるのではなく生かされてるって
感じです  近況報告でしたv(^o^)

2010.12.20 Mon l 手のかかる父&母 l コメント (3) トラックバック (0) l top
昨日の夜、ドコモから電話がありました
母が携帯を落としたらしいのです
五条警察で預かっているので引き取りに
行ってくださいと・・・
製造型番から調べてくださったとかで
引き取りの際には受理番号や製造番号が
必要らしく本当に親切な対応でした

それにしても、母は携帯は持っているだけで
年に数回、「迎えに来て」とかけてくる程度
落とすほども使わないし・・・
とりあえず聞いてみた
「携帯ある?」 ゴソゴソ探し始めて
「いや! ないわ!」「なんでやろ?」
そんなこと知るかっちゅうねん(;^_^A

今朝、さっそくに引き取りに行ってきました
先月、歯医者に行ったときに地下鉄の駅で
トイレに入り、そこで落としたらしい
警察には駅員さんからだったので誰が
届けてくださったのかわからないとのこと
どこのどなたか存じませんが・・・
ありがとうございます♪

それにしても・・・ C=(´。`)ふぅ
何日、気がつかへんねん
年々、手がかかる。。。
2010.12.02 Thu l 手のかかる父&母 l コメント (4) トラックバック (0) l top
妹のブログより
  15日(金) CT検査の結果・・・

そもそも
近所の病院でエコー検査したら大きな腎のう胞が。
半年前は たった5cmなのが いまは10cmほど。
紹介状を持って、すぐに市立病院に、緊急手術しないと!
ということだった。(※母の説明では)
母は 慌ててパジャマやバスタオル、入院の準備して。
姉は 父をなんとか施設に預けないと、と
すごい勢いでケアマネさんに詰め寄って。(なかば脅し)
母が入院となると 昼間父をほっておけないし、
私も会社に報告、最悪しばらく休みますと。
とにかく大騒ぎして市立病院に行ったのだけど。

結果からいうと
最初に腎のう胞が見つかったのは10年前。
そのときは直径7cmの大きさ。
なぜか5年前にも市立病院でCTを撮っていて、
そのときは直径11cm。
5年前と大きさも変わらず、腎臓機能も異常なし。
本人の希望があれば 針で突いて小さくすることは可能。
という説明だった。

「はあ?」
5年前に母が市立病院で腎臓のCTを撮ってた?
母も隣で「知らんかったわ?」と驚いてるし
「よーーく思い出して! ひとりで此処に来たの?」
と聞いても「知らんわ?」ていうし。
とりあえず よかったけど。(よかったのかなぁ)
経過観察で、という返事を私がしてきた。

考えてみれば、そもそもの話は母から聞いたもので。
のう胞が半年前は5cmというのも母の思い込み、
緊急手術、というのも母の思い込み・・・かも
いつもこうやって 母に振り回されるのだ。

あと、CTを撮る際の造影剤の同意書。
母に渡したのも悪かった。
「心臓病の薬を飲んでいる」とか
「現在ぜんそくである」とか いろいろ好き勝手にチェックし
(もちろん心臓病でも ぜんそくでもないし)
挙句は「同意しません」にチェックしてあるし。
当然ながら 造影剤はなし。
(造影剤がないと細かいとこが見えないらしい)
ほんと いい加減にして欲しいわ

そんな中、なんも知らんと父は臨時で 
お泊りに預けられてます。
かわいらしいです
それにしても 疲れた??

ホント、おつかれさまでした
いつもありがとう??
2010.10.17 Sun l 手のかかる父&母 l コメント (4) トラックバック (0) l top
この日は結局、私は父と留守番
せめて結果が出るころに病院へ行こうと
ふと父の部屋をのぞいたら・・・
きゃぁぁぁ! こんなところでオシッコしたら
あかんやろ! もう・・・
で、きれいに拭いて・・乾拭きもして・・
背中ファスナーのつなぎを着せて・・
そうこうしているうちに妹から電話で
「今日は検査だけやし、今から帰るわ」と
C=(´。`)ふぅ

ここからは妹のブログのコピー
まあ、家にいても病院にいても
大変だわぁ(泣)

+++ 腎のう胞 +++

え、、、、と。
思い出すのもイチイチ腹が立つ母やけど。
エコー検診で 腎のう胞が11cmと、大きくなってるのが発覚。
もともと片方の腎臓に のう胞はあったのだけど。
そういや最近「しんどい、しんどい」と言ってたし。
とにかく市立病院で精密検査をすることになった。

父も母も 70歳を過ぎた頃から、
病院に付き添う必要があり(ボケ気味やし、ワガママやし)
せめて付き添いくらいは、と病院関係は私の役目としている。
同居している姉夫婦の苦労を思うとね。

そんなわけで先週の水曜日 母を病院に連れて行った。

ま、予想はしてたけど 相変わらず・・・

待合で座ってると 
「ほら、見てみ!」と母。
声が大きいので隣のひとたちも同時に顔をあげる。

「あの赤ちゃん、頭の後ろがハゲてるわ。
きっと寝かせっぱなしなんやで。」と。

「・・・・かまへんやん、寝る子は育つ、ゆーし」と私。

「それに抱いたはるひと、おじいさん?」

「いや、どーみても お父さんやん」

「そんなんおかしいわ!何歳やろ?」

「三十過ぎにしかみえへんけど、関係ないやん」

「隣に座ってる奥さん、赤ちゃんを抱かーらへんな。
なんでやろ?」

「奥さんが病気かもしれへんし。
どこからみても幸せそうな親子やし。もう黙っといて。」


なんなんやろ。
待合室にいる患者さんの人生が いちいち気になるのか?
昔から こういう性格やったのかも。
ただ最近の母は、思ってることを黙ってられないのは確か。
やれやれ

受付で呼ばれ、2階の検査室で検尿してきてください、
と言われたら すぐ横のトイレにはいろうとするし。
「わざわざ2階まで行くのが面倒や」と。汗

診察室でも わけのわからへんこと言うし。
先生が、来週CT撮るのに造影剤の説明をされたら
「私は要りません」て拒否するし。
先生が「ぜんそくの持病とか?」て聞くと「ぜんそくです」て、ゆーし。
だいたい喘息でもないし。

もうなんやねん

「大きい病院は年寄りを実験台にしゃはるし気をつけないと」やて。

子供も病院も、誰も信用できないわけね。

そんなこんなで 明日、また会社を休み 母を病院に連れていきます。
父は ステイ先で、かしこくお留守番してくれてるし
入院、手術とか 大げさにならないように願うだけ。



ちなみに私も10年前、腎のう胞が見つかってました。
すっかり忘れてたので、いま大きく育ってるのか心配。。。。

嫌なとこが似るもんだね

2010.10.06 Wed l 手のかかる父&母 l コメント (2) トラックバック (0) l top
先週、土曜日のこと
母がかかりつけの医院から、腎のう胞が
大きくなっているのですぐに手術がいる・・と
その場で私立病院に予約をしてもらい
今日の午後、紹介状をもって検査に行くことになった
腎のう胞は、多くの人がもっているそうで
症状もなければ知らずに一生もったままという人が
多いらしい
母は昔から腎のう胞があることは知っていたが
この1年ほどで急に倍の大きさになり
今11センチになっているらしい
どんな手術になるんだろう?
でも気をもんだところでしかたないので
とりあえずは病院へ・・・
こんな性格でよかったぁ(笑)

しかーし! うちにはもっと重大なことが・・・
問題は「父」 あちゃぁぁぁ ┐(´-`)┌
ステイも今だに定期的にはならず、急な空きが
できたときのみ利用している状態なので
先の予定なんてまったくわからない
もちろん、すぐに施設へ行って課長さんとやらに
直談判! でも空いてないものはしかたないわけで、
他を探すという方法も(空いてればだけど)なくはないと
普段と違い今のように会いにはいけないし
いきなり知らないところでのステイはやっぱり
かわいそう・・・ということで家にいることになった

あーだこーだと言ってるうちに
今の利用している施設から個室がひとつあきますが
どうしますかとの電話あり
結論としては、一般の部屋が空けば通常どおりに
そちらへ移るということで、それまでの間は
個室を利用することにした
高いよーー!一泊3食付だけど1万円こします(;^_^A

余談になるけど、たとえばデイサービスや
ショートステイなどの利用料というのは、
みんな同じではないんです
認定度が高ければ当然、手もかかるので
高いというわけです なんとなく納得できるよね
というわけで、うちの父は認定5、サイコーです(;^_^A
まあ、私が払うわけじゃないから行けるものの・・・
私の老後って考えるとこわいものがある(笑)

さて、今日の検査結果がどうなることやら・・・
どよ?んと気が重いです
いってきます。。。
2010.10.06 Wed l 手のかかる父&母 l コメント (3) トラックバック (0) l top
妹のブログより(そのままコピペ(笑))

先週の木曜、9月16日のこと
朝8時頃 姉から電話、父の様子がおかしいと。
なんでも ずっと、腕と顔が 痙攣してるそう。
子供たちを駅まで送ったあと実家にかけつけた。
仕事が休みでよかった。

父の痙攣は 1分ごとに20秒ほど続く。
おもに右肩と あごの震え。
医者じゃないのに、とりあえず グー、パーができるか?
意識は? 痛みは? 痺れは? ろれつは? 熱は? 血圧は?
元気なときでも はっきり言葉がでない父。汗
一番心配だったのは 脳こうそく。

が、どーも ちがう気がする。
ていうか、脳こうそくが どんな症状かも知らないのだけど^^
んーーー ほっておいても 死にはしないだろな
救急車を呼ぶほどでもないけど、
あとあと面倒なことになるのもなぁ
でも市立病院の外来は混むし、
そもそも何科にいけばいいんやろ

やけに冷静な自分に びっくり。

とりあえず市立病院の救急に電話、
症状を話し名前を告げ、父が介護状態であることを説明し、
市立病院まで姉に送ってもらうことに。
診察するにも、けいれんが起きてるときのほうがよい、とのこと。
父を車椅子にのせ 外来内科受付に。
めずらしく 待つことなく、すぐに処置室のベッドまで。
内科、神経内科、脳外科、挙句は 甲状腺の専門の先生まで、
次々と けいれんしてる父を みにやってきた。
若い先生(インターン?)も 次々と。
ありゃりゃ 見世物じゃないよ?

血液検査(血管が細いので動脈から)、脳CT、脳波、、、
いろいろ検査をし 朝から病院にいるのに もう午後2時。
もちろん父は朝から飲まず食わず。
やっと神経内科の先生から説明があった。
脳の萎縮は激しいけど、どこにも異常はありません、と。
原因がなにか限定できないけど、
ランドセンという てんかんに効く薬を服用することに。
そのまま1時間 様子をみましょうと。

父はベッドに寝たまま 姉と見守る中、
薬を飲んで10分くらいで 痙攣が弱くなった。
20分たつと あらびっくり、もう痙攣してないし
1時間経ったところで もう大丈夫でしょうと。
ランドセンを頓服用に14錠もらい 家に帰った。

おつかれさま!

家に帰るともう夕方、何事もなかったように元気な父。
病院に行ってたことすら覚えてないし
私は、何にもしてないのに ただただ疲れた??
朝イチで ランドセンを試して欲しかったよ??
まあ入院もなく よかった、よかった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

結局、原因不明のままだけど
その後一度も痙攣はなく、薬も飲まずにいる
何だったんだろうね
約1週間、もう大丈夫かな
デイサービスでもお薬を持参でOK
今週、土曜日からはステイに行きます
よかった よかった。。。
頼もしい妹でよかった(笑)
2010.09.22 Wed l 手のかかる父&母 l コメント (4) トラックバック (0) l top
叔母ですが・・・、
先週から右肩があまりにも痛くて
眠ることもできないと・・・。
やっとかかりつけの医院から
紹介状をもらって私立病院へ・・。
原因は石灰だった。

普段から身体が弱く薬も
何でも飲めるというわけではない
実際のところ、どの程度真実なのかは
わからないけど(;^_^A
で、湿布はかぶれるので・・・
痛み止めは強すぎるので・・・
と、断ってきたらしい┐(´-`)┌

さて、これからどのような治療を
されるのか・・・?
たぶん出された薬も飲まないと思う
今朝も「ちょっと来て」と電話あり
とにかく今から行って様子をみてこよう
2010.08.31 Tue l 手のかかる父&母 l コメント (9) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。